PAGE TOP

肝斑
美容診療

肝斑

30~40歳代からみられることが多く、左右対称性に頬にもやっとしたしみのようなものが生じます。

境界が不明瞭なことも特徴の一つです。

 

トラネキサム酸やビタミン剤の内服・ゼオスキン・ガウディスキン・ミルクピール・エレクトロポレーション・イオン導入など症状に応じた治療法をご提案いたします。

肝斑|美容皮膚科

▼ 主な治療方法

トラネキサム酸やビタミン剤の内服・ゼオスキン・ガウディスキン・ミルクピールリバースピールエレクトロポレーション・イオン導入